top of page
検索
  • Yoshi

【日常】レコードの音と。




ちょっとしたお祝いごとと、





この夏のお疲れ様会と。





























良き時間。




最高。








2件目。




え~い、と入ってみた。




前から気になっていたBAR。








あたり。





マニアのマスターがこだわりぬいたスピーカーとレコードの音が





空間に満ち満ちていて、





音に身をゆだねる幸せ。











ロックで。




とても美味しかった。





甘いウイスキーもあるんですよ、ともう一つおすすめ頂いた。









他のお客さんもいなくなったので、





色んなレコードをかけて下さったり、





スピーカーの音量を上げてみたり、いろいろ音響談義になった。







CDで聴いたことがある曲をレコードで、さらに





大きなスピーカーから聴いた経験は初めてで、





普段聞こえていない音が随分あるんだなぁと、





すごくクリアーな経験で、





今まで使ったことがない脳のどこかと、





身体の隅々が、





どんどん開くような感じがした。










この感じは、歌う人には大切な感覚だな。





なんだか大きなヒントをもらった気がする。









以前、有名なJAZZ通の方の「放浪記」?を読んだことがあったけれど、





JAZZが好きな大人世代の方の音楽の聴き方や文化の一端が





少しわかった気がした。







そして、





再生する媒体が、その時代の音楽の流行をも決めるんだなとも思った。







耳に届くときの音色は、




リアルな音楽の力をも増やしたり減らしたり。




大切だな。








少し前のお話。




良き体験でした。






bottom of page