• Yoshiko

【本】インプット大全。

最終更新: 2019年8月11日



読書感想文。




【インプット大全】






樺沢紫苑先生の本を読むのは、

今年に入って5冊目。








書かれていることを沢山実践してみて、

色々良い変化を感じています。



おかげさまで去年と今年の気力体力の充実度合いを比べると、雲泥の差です。



読んだ中で、特に良かったのは、

『良い緊張は能力を2倍にする』という本です。


この本はせっかくなので、くまなく実践してみました。



感想はこちらhttps://www.yoshikodozono.com/post/緊張しない方法





そして今回発売になった『インプット大全』ももちろん購入。



なんと、読むだけではなく、

出版イベントにも参加してきました笑





(我が家には訳あって、今2冊のインプット大全があります笑)



700人の会場で、実際にインプットに関するワークをやってみたり、


そのワークで横や後ろの方のお話を聞いて、楽しく良い刺激を頂きました。


生はやっぱり印象に残っていいですよね。


時間とお金と自分の足を使うと全然違う。



そして、生で見た樺沢先生も動画などでは感じられないリアルな空気を感じました。










私が興味深かった項目を3つ挙げると、



①アウトプット前提(AZ)のインプットで効果が100倍


②脳の仕組みを使い、記憶を高める


③目標達成を実現する「マンダラチャート」





上記は本の目次で、



自分の言葉で簡単に言い換えると、


インプットを効果的に行うには、



①緊張感、②新鮮さ、③情報の整理

が鍵のよう。




①最前列に座ったり、目標設定や期限を設けたり、後で誰かに話すor ブログに書くなどのアウトプットをすることを前提にインプットし、緊張感を高め、



②感情を動かしたり、様々な風景に接して、脳の仕組みに基づいて新鮮さを保ち、


③工夫して素早く、コアな情報を手に入れて、手に入れた情報をまた整理する。





逆に、緊張感なく、時間の制約もなく、ダラダラと同じ環境で、見るでもなく見ないでもない(ザル見)見方をして、情報も整理しない状態は、なにも残らない。


時間のムダだそうです。




自分の今の状態に置き換えてみると、


今インプットに取り組んでいるのは、



①ライブの曲を覚えること、

②英会話

③ギター




①は、ライブで歌うという締め切りと緊張感のあるアウトプット前提なので、インプットという意味では出来ているかな。


→さらにインプットの幅を広げるために、ライブ以外のアウトプットも前提にしてみよう。マンダラチャートで整理したい。



②英会話もほぼ毎日スカイプで、外国の方と話しているので、ある程度、緊張感や新鮮さ、楽しさは保てているかな。


→リアルで英会話をする機会がないので、英会話の機会を作ろう。今年の年末か来年早々に検定試験を受けよう。



③ギターは、まだ上記2つの項目のようには出来ていないので、目標設定、情報の精査、整理、などなど、1日ずつ積み重ねよう。




などと、なりました。



色々と頭の整理に繋がりました。



あと、運動の習慣が 1年以上 続いているのも樺沢先生の本で いつも その効果が書かれているから というのもありますね。



良い本との出会いは 人生を変えます。







Enjoy your holiday!!🍀




Yoshi




*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



9/26(木)の夕方、

八王子音楽祭の一環として、

『高尾山ビアマウント』に、

結成10年目に入りました 、

ラテン&ジャズバンド「Regalo Del Viento」、

出演させて頂きます。

夕景 & 美味しいお酒 & ノリノリ ラテン・ジャズ!

絶対、楽しいと思う!

詳細が決まりましたらupします🌸

https://www.takaotozan.co.jp/beermnt/



*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


0回の閲覧

​© 2019 Yoshiko Dozono All Rights Reserved.

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now