• Yoshiko

【練習】英語学習。

最終更新: 2019年4月8日

足掛け4年 受講中、英会話レッスン。


2~3歳の頃から 英語の教材をずーっと家で聞かせてもらっていたので、英語の発音の原型が 耳にあって、英語の音読が とても好きでした。


子供の時から大人になるまで、折々で英語のレッスンに通っていましたが、ここまで熱心に続いたのはこれが初めて。


自宅で好きな時に受けられること、安価で受けられること、レッスン自体が英会話の練習になっていて楽しいこと、などが理由だと思います。


フリートークのレッスンを受けたり、そのあと少しお休みして、12月からカランメソッドに 約1年ぶりに戻って、毎日コース受講中。






で、やっとテキスト10 ! コンプリートまであと2冊。


6冊目ぐらいが一番 飽きてきてモチベーションが上がらず大変だったけど、


最近は、文章を読むのが 前より速くなってきたので予習復習の時間が大幅に減らせるようになり、効率よく他の事と同時に回せるようになってきて負担が減りました。


毎日何時間もテキストを覚えていた時もあったり、1日4~5レッスン受けてた時期もあったので、


一山超えた感じがして、自分なりのやりがいや達成感を感じます。


今は英語は、レッスン込みで上限1日1時間半までしかやらないことにしています。笑


テキストは予復習やリーディングのレッスン用で、

普通のレッスン中はテキスト無しで受講します。耳も英語脳も とても鍛えられます。


相手が話すことは ほぼ耳でキャッチは出来るようになって、何らかのリアクションは出来るようになったので、言いたい単語そのものが出てこなくても、それを英語で説明しながら会話を続けることが可能になりました。(テーマにもよりますが。 笑)


そして何より歌の覚えが早くなりました。


意味に関してもそうですが、

英語のリズムを知ってるのと知らないのとでは大違いで、


メロディの覚えるスピードが上がりました。


英語に関して 自分なりに 考えていることなのですが、


英語が聞き取れない原因の50パーセントぐらいは 「感じているリズム」の違いからきていると 思います。


日本語の感覚で、英語をぱっと聞いた時、頭に聞こえる音は、実は単語の頭ではなく、アクセントのある2音節目あたりなんじゃないかなぁと思います。


単語の頭は、前の単語と繋がっていたりするので、

我々が思っているより早くに単語の頭が来ているという感じです。


だから、文章自体を ズレた状態で聞いていて 知っている単語やシンプルな文章も聞き取れなくなっちゃうのかなと思います。


音楽的に言うと 英語のリズムは「シンコペーション」で、16分音符1つ分、くって 話されているような感じ。


ちょこっと、私なりのリスニングの学習ポイントを書いてみますと、




1、発音記号を全部覚えて、発音も出来るようにする。発音出来る音は聞き取れるので。


2、tや h など、変化する音と欠落する音を全て覚える。


3、繋がる音を 繋げて読む練習をして、繋げた形で覚えてしまう。




沢山シャドーイングするなら、上記を少し時間を割いてやってから、練習すると効果倍増だと思います。


そして、くっているリズムを見つけられるようになると 飛躍的に聞き取れるようになります。



個人的には、以前 とても難しく感じていたスキャット関連の本があるのですが、


なんと、久しぶりにやってみたら 歌えてびっくり。


英語のレッスンのお陰かなと思います。


カランメソッドは、英語で歌う方にもおすすめです。



Yoshi




(旧ブログより)



0回の閲覧

​© 2019 Yoshiko Dozono All Rights Reserved.

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now