Yaki-Toriesアーシャ.jpg

Yaki-Tories

2020年のパンデミックを機に、​オンライン上での音楽表現の必要性と可能性を感じ、ベースとボーカルという変則的かつ「最大公約数的」なユニットを結成。作編曲家でベースの村井俊夫が作るラテンテイストのリズミカルかつロジカルなサウンドに、ボーカルの堂園よしこが、日本語で、時には英語で、時間や空間を大きなスケールでとらえる世界観の歌詞をぶつける。また、近年の音楽表現になくてはならない動画や画像制作においても貪欲に吸収し、ユニットの音楽表現の一部として大きな役割を担っている。曲のアイデアから完成までを全て2人で行うユニット。

​楽曲はこちらから→tunecore